歪曲劇場

2005年 1月 12日 (水曜日)

映像 - 雲のむこう、約束の場所

前作ほどのサプライズは期待できないとしても、十分に佳作。特に風景描写の現実感には見るべきところがある。カントクと年齢が近いから特にそう思うのかもしれないけど。

とはいえ、恋愛を語るのに世界の滅亡なんていう物語を必要とする世の中って、何か嫌だ。最終兵器彼女とかもそうなんだけど、そういう無茶な設定でないと物語の強度を維持できないなんて、一体どういうことなんだ?

09:18:09 - ichiro -

2005年 1月 02日 (日曜日)

映像 - Supersize Me

色々ネタは溜まってるんだけど,なかなか文章にする気力が無くて,いつの間にか越年...。

それはともかくとして,Supersize Meを観た。これは華氏911以上に面白い。ハウルなんて観てる場合じゃないぞ。

[もっと読む...]
14:50:44 - ichiro -

2004年 12月 13日 (月曜日)

映像 - ハウルの動く城

エンターテインメントとしては,流石になかなかの出来。一方,表現的には特に見るべきところは無かったように思う。演出手法は古典的,というより古典そのもの。さすがに古さを否めないかなあ。

[もっと読む...]
17:52:39 - ichiro -

2004年 11月 10日 (水曜日)

映像 - THE ATOMIC CAFE

THE ATOMIC CAFEを観た。むしろ暗澹たる気持ち。

[もっと読む...]
19:44:02 - ichiro -

2004年 10月 20日 (水曜日)

映像 - スクールランブル

ぐはー。

[もっと読む...]
11:14:28 - ichiro -

2004年 9月 22日 (水曜日)

映像 - カンヌSHORT5

カンヌ国際映画祭 短辺部門からのオムニバス,とのこと。・・・濃いなあ。

Do you have the Shine?   騙されるとわかっていながら,やっぱり騙される快感。ホラーの原点だろうか。

Janne de Arc on the Night Bus  ・・・グロオペラ? 歌う死体? あまりに変なので,最初から最後までお口あんぐりで観た。どう評価していいのかよくわかんないんだけど,たぶん生涯忘れられない一本。

他,全5作品。

22:53:16 - ichiro -

2004年 9月 16日 (木曜日)

映像 - 茶の味

エンドロールが終わった後、館内が漏れるような笑いに包まれた。そんな不思議な作品。

[もっと読む...]
19:13:39 - ichiro -

2004年 8月 23日 (月曜日)

映像 - 華氏911

仮にその政治的意図については問わないとしても、この映像は相当にcool。なお、文字通り悪夢のように繰り返された「あの映像」は、ただのひとコマも使われていない。

ブッシュファミリー、サウジのオイルマネー、アメリカの軍需産業は三位一体的に結びついており、911からイラク侵攻(そして莫大な復興需要)の全てが茶番だったというのが、このドキュメンタリーの(やや極端な)解釈といえよう。それはある意味、素人目にも明らかであった(景気と人気の回復を目論む統治者が戦争を望むのは、歴史に裏付けられた一般原則である)。それでも多くの人がアメリカの軍事行動を肯定(少なくとも非-否定)してしまったのは、一体何故なのか。

[もっと読む...]
22:42:28 - ichiro -

2004年 8月 19日 (木曜日)

映像 - いかレスラー

恥ずかしながら、えびボクサーを観ちゃってたので、ついでというか。

[もっと読む...]
18:57:06 - ichiro -

2004年 2月 29日 (日曜日)

映像 - GUNSLINGER GIRL

美少女がたくさん出てきて鉄砲を撃ちまくるアニメです、と言うと、ずいぶん批判的に聞こえると思う。確かに、美少女がたくさん出てきて鉄砲を撃ちまくるようなアニメで、かつ他人に勧められる品質である可能性は、極めて低い。というか、そういうのは個人的な嗜好の範囲内で楽しむべきもので、それ以上の意味なんてない。

というわけで、この作品もあくまで個人的な嗜好の問題として観たのだけれど、実は、意外に良く出来ているという感想を持った。

[もっと読む...]
22:49:00 - ichiro -