歪曲劇場

2006年 4月 29日 (土曜日)

銀分 - Pagsanjan Fallの写真を追加

銀分のコーナーにPagsanjan Fallの写真を追加しました。

16:36:03 - ichiro -

2006年 4月 28日 (金曜日)

JOCV - Los Bañosに沈む日

滞在中のLake View HotelはLagna湖のほとりにあって、夕暮れ時に屋上に上がれば、ちょっとした風景を楽しむことができる(パノラマ合成後、約25%に縮小)。

暗くなれば少しは星が見える。任地Tuguegaraoの星空はどうだろうか?

19:59:48 - ichiro -

2006年 4月 24日 (月曜日)

JOCV - Pagsanjan Fall

語学訓練に入って初の休日を利用して、Pagsanjan Fall(パグサンハン滝)という所に行ってきた。ジープを貸し切ると安全&便利というアドバイスだったので、ホテルのフロントでお願いしたところ、彼女の親戚が快く引き受けてくれた(フィリピンでは、親戚の中にあらゆる職業の人がいる)。

現地のリゾートホテルを出発し、Pagsanjan Riverをボートで上る。滝まで行き、そこで竹の筏に乗り換えて滝の裏側の洞窟へ、そして再びボートでホテルまで帰るという行程。と言ってしまうと詰まらなそうだが、これが結構面白い。

[もっと読む...]
18:23:00 - ichiro -

2006年 4月 21日 (金曜日)

JOCV - 語学訓練

4月17日から、19日間の現地語学訓練が始まった。

私が配属される地域では、イロカノ語に加え、さらに2つくらいの現地語が話されているらしい。どれか1つだけを覚えると残りの2つの言語を話す人たちと話が通じないので、あえて標準語であるタガログを勉強することになっている。

[もっと読む...]
20:25:54 - ichiro -

2006年 4月 15日 (土曜日)

JOCV - 任地でのホームステイ(その3)

Claveria
順番が前後するが、ホームステイ話の続き。

2番目のホストファミリー(5日間の滞在で5件の家にお世話になった)の旅行に便乗して、ルソン島の北の端Claveriaという町まで行ってきた。Tuguegaraoから車で3時間、1台のランクルに12名程を詰め込んでの強行軍だ(フィリピンでは定員の120〜150%程度人を乗せる)。

[もっと読む...]
18:04:42 - ichiro -

JOCV - Holy Week

今はHoly Weekの真っ最中。キリストの受難と復活を祝う、カトリック教徒にとってはとても大切な連休だ。

そんなわけで、現地訓練のスケジュールも全て休み。ほぼ1週間にわたって、なにもすることがない。今日は少し観光でもしてみるかと出かけてみたら、なんとMRT(高架鉄道)が休みだった。ギャフン。

[もっと読む...]
17:26:22 - ichiro -

2006年 4月 13日 (木曜日)

JOCV - パヤタスのゴミ山

パヤタスのゴミ処分場に行ってきた。 詳しくは銀分コーナーで。

13:13:51 - ichiro -

2006年 4月 11日 (火曜日)

JOCV - 任地でのホームステイ(その2)

Calesa
Tuguegarao Cityは微妙な街だ。

空港があり、Air Philippinesが週3便、Asian Spiritsが週4便(?)、マニラから往復している。バスの便も良い。モールが2つあり、Jollibeeなどのファーストフード店もある。総合大学が3つ、総合病院がたぶん2つ、パソコン屋もある。朝夕にはトライシクルが渋滞する。そんな都会だ。

[もっと読む...]
17:40:40 - ichiro -

JOCV - 任地でのホームステイ(その1)

5日間にわたって、任地(Tuguegarao City)でのホームステイを体験してきた。

TuguegaraoはCagayan Province及びRegion II(Regionは幾つかのProvincesを含む)のCaptial Cityであり、フィリピンの中では比較的大きな街のはずである。

が...、マニラからの航空機が高度を下げ始めると、眼下に広がるのは川、田んぼ、畑。嫌が応にも期待が高まってくる。

[もっと読む...]
16:38:53 - ichiro -

2006年 4月 02日 (日曜日)

JOCV - マニラ雑感

3/28の午後、ついにマニラに到着。 早速ドミトリー(隊員連絡所=マニラ滞在中の寮のようなもの)に荷物を置き、 JICAの現地事務所を訪問。

現地事務所は超高層ビルの林立するマカティ市の中心部にあり、 ちょっと見には東京以上の大都会に見える。が、しかし...

[もっと読む...]
14:19:32 - ichiro -